看護学生の実習あるあるを現場看護師も知っておこう - 看護師の就職・転職応援サイト

看護学生の実習あるあるを現場看護師も知っておこう

将来看護に道に進みたく、看護学校で頑張って学んでいる方も多いのではないかと思います。
また看護の現場で活躍し、学生さん達と接している看護師さんもいらっしゃるのではないかと思います。
それぞれがどんな風に接していくと良いのか、またお互いがどんな印象を受けているのか気になっているのではないでしょうか。
ここでは看護学生が感じている、実習でのあるあるについて触れてみたいと思います。

指導する立場にいる現場の看護師さんはなかなか若い学生さんがどんな事を考えているか分からず、どう接していいのか分からないなって声を伺います。
また教わる看護学生さんは現場の雰囲気に圧倒され、右も左も分からず戸惑う事が多いとの声もよく聞こえてきます。
普段学校でやっている基本的な作業も、現場で活躍している看護師さんを前にすると緊張で手が震えるのは学生さんのあるある話としてよく言われています。
また現場では出来て当たり前の作業も学生さんにしてみれば初めての事もあり、出来ると思われているのが不安に感じている事もあるようです。

また看護学生さんのあるあるとしてよく言われているのが、指導員の看護師さんや病棟に居る看護師さんなどそれぞれの意見が違っていてどうしたら良いか分からないと言うものです。
現場の流れなど何も分からない看護学生がそれぞれ違う事を言われると、戸惑ってしまったり不安に感じてしまうのではないかと思います。
現場で当たり前の事でも、看護学生さんにとっては初めての事だらけで分からなくて当然の事も多々あります。
教えられる看護学生さんのやる気も大切ですが、現場の看護師さんも出来て当たり前ではなく分からないのが当たり前だと切り替えて接する事が大切になるのではないかと思います。

命と向き合う現場では、なかなか実習中であっても看護学生さんに手が回らなくなる事はあると思います。
しかしこれから同じ看護の道に羽ばたこうとしている未来の看護師には、この一瞬が大切な時間だと言う事も頭の片隅に入れて接して欲しいなと思います。